【ニートになりたい人必見!】ニートのメリット・デメリット各2選

無職・ニート
スポンサーリンク

本記事のテーマ

【ニートになりたい人必見!】ニートのメリット・デメリット各2選

 

理想の読者像

・ニートになりたい人(一時的か永続的かは問いません)

・本当はニートになりたくないけど、なりそうな状況にある人

・現役ニートの人

etc…

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在は会社員として働いていますが、今の会社に入る前までは実家でニート生活を送っていました。

ニート期間は約1年3ヶ月です。その間は、ブログや在宅ワークに挑戦したり、ときどき1日バイトをやったりしながらどうにか食いつないでいました。

 

読者への前置きメッセージ

先に言っておきますが、僕は親の実家でニートをしていた人間です。

ですので、「一人暮らしでニートになりたい方」に対しては、本記事は不向きの可能性が高いです。
そこはご了承くださいm(_ _)m
(ニートになってから実家に戻る場合は別ですが)

 

一般的に「ニート」と聞くと、「できればなりたくない」「社会から切り離されそう」
といったイメージが根強い方が多いでしょう。

そして、それがネックでニートになれないという方も数多くいらっしゃるでしょう。

1年3ヶ月間ニートだった僕ですらかつてはそう考えていましたから。

 

しかし、ニートにもメリットはあります!
本記事ではその点に着目していただきたいです。

 

とはいえ、もちろんデメリットも存在するので、そこもちゃんと触れていきます。
メリットだけを見てデメリットの確認を怠ると、あとで取り返しがつかなくなることも然りなので、その点もしっかりチェックしましょう。

 



 

① ニートのメリット2選

 

メリット ①:時間がたっぷりある

自由だああああ!!!

 

当然ですが、ニートは時間がたっぷりあります!

普通の会社勤めをしていたら、1日のうちの8時間以上を仕事に費やすことになるので、時間の確保が難しいです。

 

しかし、一度ニートになってみると、有り余る時間が確保できるので「一時的に」幸せな気分になれます。

 

時間の余裕は心の余裕にもつながります。

もし現在、精神的に病んでいてツラいという方は、とにかく時間の確保を最優先してください。気分を落ち着かせるには時間が必要不可避ですから。

 



メリット ②:自由

自由だああああ!!!(さっきと同じ画像ですみませんw)

 

メリット①にも関連していますが、ニートになるととにかく自由です!

 

・好きなだけ眠れる

・急な誘い等にも余裕を持って対応できる

・好きなだけ趣味に浸れる

・時間と場所に縛られずに好きなことができる

 

などなど、あらかた自分の思い通りに行動することができます。

 


 

② ニートのデメリット2選

 

デメリット①:お金がなくなる

 

ニートになると当然お金の問題が絡んできます。

副業をされていて充分な稼ぎがある方なら、収入面の心配は無いかもしれませんが、そうでない方にとっては非常にきつい問題です。

ニートになっても支出はなくなりません。むしろ増えます。たとえば国民年金や健康保険料などを毎月払う必要があります。
(僕は1年3ヶ月で約20万円ほど払いました。)

毎月少しずつ口座残高の額が減っていくのは非常に心臓に悪いです。
かなり精神面をえぐり取られます。

ですので、ニートになる場合は毎月の出費がいくらになるのかを正確に把握することが大切です。

向き合いたくない気持ちも理解できますが、これを怠ると精神的にも金銭的にも追い込まれるので注意が必要です。

 


デメリット②:常に不安がつきまとう

 

やはりニートをしていると、不安からは逃れられません。

デメリット①で綴ったお金の話もそうですが、そのほかにも不安要素はいくつか挙げられます。

・このまま生活できるのか

・世間から完全に見捨てられないか

・身寄りがいなくなるんじゃないか

といった不安を抱える時期が必ずやってきます。

僕も何度もあります。この不安を解消するにはとにかく何かしら行動を起こすしかありません。

ということで、僕は不本意ながらもときどき1日バイトをして最低限のお金を稼いでいました。

 

「バイトすらしたくない!!」という方は、とにかく最低限の貯金を確保しておきましょう。一般的には「最低でも3ヶ月生活できる分は確保しておこう」と言われていますが、僕がニートになった時の当時の貯金は約40万円でした。(今振り返るとおそろしい……)

 

経験したので断言しますが、貯金額が40万円だとめちゃくちゃ少ないです!
これが目安になるかは分かりませんが、少しでも不安を解消したい方は少なくとも当時の僕以上の貯金は確保しておいてください!!

 



 

まとめ:ニート生活はメンタルとの戦い

 

ニート生活は確かに時間があって自由ですが、常に不安との隣り合わせであることも事実です。

ですが、人生は一度きりです。

・会社勤めで十分な時間が取れない

・一度くらい思いっきり自由になってみたい

・自分の人生だからもっとわがままに生きたい

といった方はぜひ一度、世間のレールから外れた生き方を体験してみてはいかがでしょうか?

 

では今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おわり

スポンサーリンク