【ニートになりたい人必見!】ニート歴1年3ヶ月の僕がニート時代にやっていたこと

ししょーについて
スポンサーリンク

本記事のテーマ

【ニートになりたい人必見!】ニート歴1年3ヶ月の僕がニート時代にやっていたこと

 

理想の読者像

・ニートになりたい人

・現役ニートの人

etc…

 

読者への前置きメッセージ

この記事を書いている僕は、過去に1年3ヶ月間実家でニート生活を送っていた過去があります。
≫参考:【ニートになりたい人必見!】ニートのメリット・デメリット各2選

 

主観ですが、ニート歴1年3ヶ月は比較的長い方だと思います。

 

ですので、まあまあなニート期間を経験している僕が書く記事なら多少なりとも説得力は増すのではないかと考えています。(←自信過剰w)

 

では、以下で僕がニート時代にやっていたことを綴っていきます。



ニート時代にやっていたこと

ポケモンのゲーム

僕は前職を辞めてからニートになったわけですが、とにかくストレスが尋常じゃなかったので、ひたすら趣味に浸って気晴らしをしようと考えていました。

 

当時の僕の趣味はポケモンでした。ちなみに熱中していたソフトはプラチナ、ソウルシルバー、ブラック、ホワイト2です。

 

〜ここからは余談です〜

最初は完全に趣味でやっていましたが、ここでたまたま人生の教訓を得ることができたのです。それは「にげる」ことです。

 

ポケモンのゲームをプレイしたことのある人なら分かると思いますが、ポケモンでは必ず野生のポケモンと出くわします。

そのときに4つの選択肢が表示されるわけですが、そのうちの1つが「にげる」なのです。

相手のポケモンとタイプ相性が悪かったりレベル差があったりしたときに選択する項目です。(あるいは単に戦いたくないときw)

 

これは現実世界にも通ずるところがあって、合わない会社に入ってしまった時や、相性の悪い上司と当たってしまった時などに「にげる」が活用できるのです。

一般的に「にげる」のは良くないことだという風潮がありますが、そういう風潮は気にしなくていいです。昨今は終身雇用もオワコン説が浮上してきているので、相性の悪い会社から逃げずに居座り続けるのはデメリットでしかありません。

 

さて、話がだいぶ逸れてしまいましたが、とにかく僕はニート時代、ポケモンをやっていました。(←まとめ雑w)

 

1日アルバイト

当たり前ですが、ずっと家に引きこもってニートをしていたら収入はゼロです。(ブログ等で生計を立てている場合は別ですが)

 

ですので、僕はときどき1日バイトをしながら毎月6,000円〜40,000円程度のお金を稼いでいました。(貯金に頼っていた関係で、稼ぎはあまり多くなかったです)

 

ニートになりたい人にとっては、アルバイトですら億劫になると思います。ですが、毎日引きこもり生活を続けていると、そのうち飽きてくるときがやってきます。

 

ですので、たまには外に出ることも必要になってくるかと思います。もちろんアルバイト以外の目的で外出しても良いですが、僕が推奨しているのはあくまでも「”1日”アルバイト」です。

 

「1日だけなら良いか・・・」という人は是非一度検討してみてください。
≫参考:【1日バイトやりたい方必見】1日バイトのメリット・デメリット各5選

 



まとめ:ニートになっても生きていける

いかがだったでしょうか?

 

僕がニート時代にやっていたことは今の生活にも活きています。

人生に無駄なんてないんです。

 

と、ありきたりな綺麗事でこの記事を締めたいと思います(笑)

 

では今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

おわり

スポンサーリンク