【会社辞めたい人必見!】僕が思う会社を辞める基準3選

仕事
スポンサーリンク

本記事のテーマ

【会社辞めたい人必見!】僕が思う会社を辞める基準3選

 

理想の読者像

・会社を辞めたい人

・会社を辞めたいけど理由が思いつかない人

・辞めたいと告げたけど引き止められた人

etc…

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、新卒で入った会社を8ヶ月で辞めています。

といっても、最後の3ヶ月は休職していたので、実質5ヶ月で辞めたようなものです。

 

僕自身も入ってすぐ辞めた身なので、「まだ入ってちょっとしか経ってないけどもう辞めたい…」という方にも本記事は適していると思います。

 

読者への前置きメッセージ

最近は終身雇用制度も廃れてきたため、転職する人が増えてきている印象があります。

 

しかし、そんな中でもある会社を辞められず苦悶している人もいることでしょう。

特に入ってまだそんなに経過していない人は辞めるのを躊躇したくなるかもしれません。

 

ですが、僕は辞めたいと思ったら即座に辞めるのもアリだと思います。

以下で会社を辞める基準を3つ綴りますので、その際にすぐ辞めてもいい理由も合わせて述べていきます。



朝起きた時に憂鬱になるかどうか?

「はぁ。。また今日も仕事かよ。。。」

朝起きた時に、

「今日も仕事頑張るぞ!」

と思うか、

「うわ、また今日も仕事かよ…」

と思うか、あなたはどっちですか?

 

前者の場合は辞める必要はないでしょう。

少なからず仕事に楽しさを感じている可能性がありますから。

 

問題は後者です。仕事は人生の大半を占めます。

仕事の日の朝に毎回「また今日も仕事かよ…」という気分になっていたら、さすがに精神がもちません。

朝、明るい気分になれるか、暗い気分になってしまうかでは天と地ほどの差があります。

 

後者が積み重なってしまうと、マイナス思考に陥ってプライベートすら楽しめなくなります。

(僕もそうでした)

 

ですので、朝に憂鬱な気分になることが多い方は、今の会社に居座っても大丈夫かどうかを今一度考え直す必要があります。



勤務中に「辞めたい」が頻繁によぎるかどうか

「辞めたい…辞めたい…辞めたい…」

僕は前職にいた時、勤務中は休憩時間も含めて「辞めたい辞めたい辞めたい」が頭の中を占めていました。

 

あなたもその兆候があるのなら、本気で辞めることを視野に入れるべきです。

 

たとえ「自分はメンタル強いから大丈夫!」という方でも、悪い環境下にいたら確実に精神を病みます。

 

これは鬱になったことのない人には分からないかもしれませんが、どんな人間でも鬱になり得ます。

 

どんな人間でも鬱になり得ます。

重要なことなので2回言いました。

 

仕事をしていてツラい感情しか芽生えない人は、本気で辞めることを検討しましょう。



ブラック上司がいるかどうか

ブラック上司「お前なんて居ても役に立たないんだよ!」

会社を辞める原因の1つに人間関係のトラブルが挙げられます。

あなたの職場はどうですか?

 

ちなみにかつて僕が職場は最悪でした。

僕がミスをすると、

「今のダメ!お前なめてんの?」

と言ってきた上司がいます。

 

ザ・ブラック上司ですよね。

会社を辞める決定打になったといっても過言ではないです。

 

ブラック上司がいたら辞める!

これは鉄則といっても良いくらいです!



会社を辞める基準 まとめ

・朝起きた時に憂鬱になるかどうか

・勤務中に「辞めたい」が頻繁によぎるかどうか

・ブラック上司がいるかどうか

 

いかがでしたか?

本記事で挙げた3つのうち、1つでも当てはまる項目があった場合は、冗談抜きで退職を検討した方が良いです。

 

これも経験者だからこそ分かることですが、鬱になってしまうとしばらく動けなくなります。

僕も精神を病んで辞めた後、1年半はほぼ動けませんでしたから。当然その間の収入はほぼ0円です。

 

したがって、あなたの身体がまだ動くうちに、路線変更を検討することを強くおすすめします。

 

では今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

おわり

スポンサーリンク