【1日バイトやりたい方必見】1日バイトのメリット・デメリット各5選

無職・ニート
スポンサーリンク

本記事のテーマ

【1日バイトやりたい方必見】1日バイトのメリット・デメリット各5選

 

理想の読者像

・1日バイトに興味がある人

・1日バイトをやろうか悩んでいる人

・1日バイト経験者の経験談を聞きたい人

etc…

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在は会社勤めをしていますが、かつては1年3ヶ月間ニート生活を送っていました。その間は1日バイトを複数回やりながら最低限のお金を稼いでいました。

ちなみに1日バイトは全て同じ倉庫でした。本記事では仕事内容については触れませんが、気になる方もいらっしゃると思うので、後日改めて記事にします。

 



 

1日バイトのメリット5選

 

履歴書・書類選考・面接が必要ない

履歴書書かなくて良いのは最高だよね〜。

 

通常、アルバイトに応募するときは履歴書の提出を求められたり、書類選考があったり、面接があったりします。

しかし、1日バイトの場合はこれらが一切必要ありません!

 

つまり、応募するだけで即採用になるので、採用までのプロセスも短くて済みます。

また、僕のように「面接」と聞いただけで億劫になる方には1日バイトは非常にオススメです。

 

 

ハズレを引いても1日でおさらばできる

「このバイトは今日でおさらばだー!!」

 

一般的に、会社に正社員として入社するとき、すぐ「辞めたい」と思ってたとしても、即座に辞めることは原則できません。

 

しかし、1日バイトであればたとえハズレの仕事に当たってしまったとしても、1日でおさらばすることができます。

また、当然契約は1日だけなので、上司に「辞めたいです」と報告する必要もありません。

 

黙って逃げるように辞められるのも1日バイトの良いところです。

 

 

給料をすぐもらえる(ただし、例外あり)

お金バンザーイ!

 

1日バイトだと、給料はその日のバイト終わりに直接手渡しで受け取れる場合が多いです。
すぐにもらえるのも1日バイトの大きな利点ですね!

 

一般的には、指定された給料日に口座に振り込まれるのが普通とされています。しかし、1日バイトの場合はわざわざ振り込まれるまで待つ必要がないので、すぐ受け取れるというのは大きな利点です。金欠の時には大助かりですね!

 

ところが、中には口座振込しか適用されていないところもあります。(僕のバイト先もそうでした。)

ですが、すぐに振り込んでほしいときは、そういった申請手続きを踏めばちゃんとすぐに受け取ることができます。ただし、その場合はいくらか手数料が天引きされた状態で振り込まれるので、それを避けたい場合は潔く給料日まで待つことを推奨します。

 

簡単な仕事しか与えられない

「ラクできて幸せー!」

 

当たり前ですが1日バイトは1日限りの勤務なので、習得に時間のかかる仕事を課せられることは絶対にありません。

 

与えられる仕事は数分の説明でこなせるようになる作業ばかりなので、仕事を覚えることが苦手だという方もこれなら安心ですね!

 

 

多分サボってもバレない(経験談)

「眠いからサボっちゃお(( _ _ ))..zzzZZ」

 

これは完全に僕の経験談ですが、従業員の目を盗んでサボることは全然可能です。

 

僕は休憩まで残り15分のときや、勤務終了まであと1時間の時はひたすらサボりに転じてました(笑)
この理由はのちに述べる②-3と重なりますが、サボっても給料は変わらないからです(笑)

 

しかし、僕はこれで過去に1度だけ作業スピードが遅いと注意を受けたことがあります(^_^;)

ですので、サボるなら注意されずに済む作業スピードも同時に持っておく必要があります(笑)

 

サボってもバレないは事実ですが、ある程度の作業スピードは保ちながらでないと危険です(笑)

 



 

1日バイトのデメリット5選

 

交通費は支給されない

「あっ、これじゃ現場に向かえない。。」

 

1日しか働かない人に交通費分まで支給してくれるバイトは基本ありません。

ですので、交通費を負担したくない場合は徒歩あるいは自転車で通える距離を選びましょう。

 

※ちなみに僕は徒歩30分で通えるバイト先を選びました。徒歩30分と聞くと「遠い」と感じる人がほとんどかもしれませんが、僕自身はそれぐらいは許容範囲なので全然余裕です(笑)

 

 

スキルが身につかない

「これやってて役に立つかな?」

 

1日バイトでは簡単な仕事しか与えられないため、将来長期的に役立つスキルは身につけられません。そのようなスキルを身につけたいのであれば、1日バイトは不向きかもしれません。

 

しかし、長期的に役立つスキルを身につけるための投資に使う費用を、1日バイトで稼ぐというのであれば、それは良いアイデアだと思います。完全に主観ですが(笑)

 

 

いくら頑張っても給料は上がらない

「減給がないのは嬉しいけど昇給もないのがなぁ。。」

 

先ほど、僕はバイト中サボってたことを述べましたが、その理由はたとえ頑張って働いたところで給料は上がらないからです。どうせ給料が変わらないのであれば、とことんサボって稼いだ方が得をするのは言うまでもありません。

 

僕は一度だけ、少し責任の重い仕事を課せられましたが、給料が上がることはありませんでした。ですので、1日バイトで昇給の期待は間違ってもしてはいけません。

 

 

飽きやすい

「やばい。飽きてきた。。」

 

1日バイトは単純作業の繰り返しがほとんどなので、飽きっぽい人には向かないと思います。

 

一度飽きてしまうと、時間の経過が遅く感じてしまい、「早く帰りたい。。」と考えるようになってしまいます。そうなってしまったら終わりが遠のいていくことでしょう。

 

常に違う仕事を与えられればそんな心配は要らないですが、1日バイトを約4ヶ月やった僕の経験上、終日同じ作業を課せられる可能性の方が断然高いと断言します。

 

 

たまに採用されないことがある

「もう定員に達しております」

 

これは本当にごく稀ですが、応募しても「採用見送り」になることがあります。

 

ですので、「早めに応募すれば必ず通る」とは思わないほうが良いです。たとえそうしてもたまに不採用になることがあるので、注意が必要です。

 

※ 僕自身も採用見送りを3回経験しました。そのうちの1回は4日前に応募したのに不採用になりました(^_^;)

 



1日バイトのメリット・デメリットまとめ

 

1日バイトのメリット

・履歴書・書類選考・面接が必要ない

・ハズレを引いても1日でおさらばできる

・給料をすぐもらえる(ただし、例外あり)

・簡単な仕事しか与えられない

・多少サボってもバレない(経験談)

 

1日バイトのデメリット

・交通費は支給されない

・スキルが身につかない

・いくら頑張っても給料は上がらない

・飽きやすい

・たまに採用されないことがある

 

いかがでしたでしょうか?

 

この記事を読んで「1日バイトやってみたいな」となったか、「やっぱ1日バイトはやめとこう」となったか、あるいは何の感情も芽生えなかったか(笑)

 

人それぞれだと思いますが、個人的に少しでも興味があるなら1度はやってみる価値アリだと思います!

 

ちなみに1日バイトを探すならショットワークスがおすすめです!

このサイトでは1日バイトの求人をメインに扱っているので、1日バイトやその他短期バイトを探すならショットワークス1択です!

 

では今回はこの辺で!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

おわり

スポンサーリンク