会社は定時に帰りましょう。【残業は損です】

Icons8_team / Pixabay
仕事
スポンサーリンク

本記事のテーマ

会社は定時に帰りましょう。【残業は損です】



理想の読者像

・早く帰りたいのになかなか定時に上がれない人

・定時に帰れたことがない人

etc…

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現職に勤め始めて2ヶ月経ちますが、トータル残業時間はいまだに0秒を維持しています。
(2019年5月末時点)

 

しかし、新卒で入った最初の会社ではほぼ毎日残業をさせられていました。
転職して環境が好転したからこそ、定時で上がることの重要性を痛感しています。

 

スポンサーリンク

読者への前置きメッセージ

本記事では前置きすることなく、いきなり締めに入るので1分後には読み終わります。

 

タイトルにも書きましたが、残業破損です。勤務時間外に仕事をするというのはつまり、自分の時間の一部を犠牲にすることと同等です。

 

「残業代もらえるじゃん!」と言う人がいるかもしれませんが、定時に帰りたい人が残業代欲しさに残業を選ぶでしょうか?

僕のように残業を毛嫌いする人だったら、きっとNOと答えるでしょう。

 

定時になったらすぐに帰って家でのんびりしたり副業したりと、自分の時間を堪能することが何より大事です。

 

ということで今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

おわり

スポンサーリンク