【教員志望者必見!】教員免許取得のための必須事項4選

jerrykimbrell10 / Pixabay
教育系
スポンサーリンク

本記事のテーマ

【教員志望者必見!】教員免許取得のための必須事項4選

 

理想の読者像

・教員志望者

・中高教員免許(特に一種免許状)の取得を目指している人

・教員免許取得までの道のりを詳しく知りたい人

etc…

 

 

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在は教員とは全く関係のない仕事に就いていますが、大学時代に中高英語の教員免許(※)を取得しています。

ですので、教職課程の履修はもちろん、単位もすべて取得しています。

※正確には「中学校教諭一種免許状」「高等学校教諭一種免許状」

 

 

読者への前置きメッセージ

この記事はあくまでも「教員免許取得までのプロセス」を綴っていくための記事なので、「教員免許取得のための秘訣」等を伝える記事ではありません。

もしそのような内容を求めていらっしゃるのであれば、申し訳ないですがここで引き返すことをおすすめします。

 

また、僕が持っているのは「中高」の教員免許なので、小学校の教員免許は持っていません。ですので、小学校の教員免許取得を考えている方にはこの記事はあまり参考にならないと思います。(すみません。。)

加えて、僕が持っている免許の正式名称は「一種免許状」です。ですので、「専修免許状」や「二種免許状」の取得を目指している方にもこの記事はあまり利がないと思います。
(たびたびすみません。。。)

 

最後に、言うまでもありませんが、教員免許の取得は簡単ではありません。そもそも教員免許自体、国家資格ですからね。国家資格が簡単に取得できてしまったらそれはそれで大問題です。

 

では、その教員免許の取得までにどういった工程が存在するのか、以下でそれを深掘りしていきます。

スポンサーリンク

 

教員免許(一種免許状)取得の条件

TeroVesalainen / Pixabay

教員免許(一種免許状)を取得するための条件は主に以下の4つです。

・学士の取得

・教職課程の単位を全て取得

・介護等体験

・教育実習

 

学士の取得

mohamed_hassan / Pixabay

教員になるためには、大学を無事に卒業することが大前提です。ですので、「教職科目だけまともに勉強すればいい」という考えだけは持たないでください。

 

仮に教職科目が好成績だったとしても、それ以外の教科科目の単位が不足していたら大学を卒業できないため、教員免許も取得することができません。

 

したがって、普段の学業面も怠らないことが不可欠です。

 

教職課程の単位を全て取得

教員になるためには、文部科学省で定められた科目の単位を取得する必要があります。

詳しいことは文部科学省のホームページ(http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/attach/1337063.htm)に書いてあるので詳細は割愛しますが、おおざっぱに挙げると以下の項目になります。

 

【中学校教員免許取得の条件】

◯教科に関する科目20単位以上の修得(「学士の取得」で綴った内容です)

◯教職に関する科目31単位以上の修得(内訳は上記リンク先の「細目」の箇所に書いてあります)

◯教科又は教職に関する科目8単位以上の修得(これは大学によって異なるので、各自で確認してください)

◯その他の科目(下記の科目について各2単位以上の修得が必須です)
 ・日本国憲法
 ・体育
 ・外国語コミュニケーション
 ・情報機器の操作

◯介護等体験(後述します)

 

以上が中学校免許状取得の条件です。ちなみにこの要件を満たせば、高等学校免許状の要件も自動的に満たすこととなります。(つまり、高校の免許のみの取得を考えている方は、中学校の免許取得の場合よりも、修得する単位数が少なく済みます。)

 

介護等体験

truthseeker08 / Pixabay

小学校および中学校の教員免許を取得するためには、特別支援学校や社会福祉施設などで介護等体験をする必要があります。

正確には特別支援学校で2日間、社会福祉施設で5日間の合計7日間の介護等体験が必須となっています。

 

なお、日程はたいてい自分で決めることができないため、施設先によって異なります。

そのため、平日の授業と重なる可能性があるので、そうなったことが発覚した場合は、ただちに大学に公欠届等を提出してください。でないと欠席扱いになってしまいます。

 

教育実習

これは正直言うまでもない気がしますが、教員免許を取得するためには教育実習に行く必要があります。

高校の免許のみの場合は2週間、中高両方の免許を考えている場合は3週間の実習を実施する必要があります。

≫参考:【教員志望の方必見】教育実習の心得3つ

≫参考:教育実習の不安を払拭する3つの心得

≫参考:【これから教育実習の人必見!】教育実習における3つのタブー(これらを怠ると簡単に大問題へと発展します)

 

以上が、中高教員免許取得の条件です。

では今回はこのへんで終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

おわり

 

スポンサーリンク